悪質な風評被害は罪に問われる?

あなたが風評被害の「加害者」・「被害者」にならないための情報サイト

些細なことであっても、風評被害を起こせば、責任を負う?

インターネット社会が進展し、手軽にウェブサイトが利用できるようになりました。 その結果、個人でもウェブ上で多くの情報収集が可能になり、大きな利便性をもたらしました。 ブログやチャットなどの利用で新たな楽しみが増えた一方で、個人の安易な情報発信も目立ちます。 これも風評被害の原因の一つに挙げられます。

根も葉もない噂で損害を与えるかもしれない

交通事故に遭うかのように、誰もが風評被害に巻き込まれる可能性がある世の中になりました。
その場面に出くわした時に、きちんと対処できるよう、心がけておくことが大切です。

起こった後の対応が遅れれば遅れるほど被害が広がり、その損害が拡大する可能性があります。
剝落した信頼を取り戻すには時間がかかり、困難も伴うので早期に適切な対応が求められます。

なかでも風説被害の影響が拡大しやすい企業などでは、速やかに訴訟が起こせるよう専門の部署を設置して弁護士などの専門家を活用し早期解決を図るケースが増えています。
このような対応をとるということは、風評被害の情報が拡散し、信頼の低下や商品・サービスが提供できなくなるような損害を防ぐために必要経費を負担することを意味します。
損害賠償請求を考慮すれば、この費用は一種の保険のようなものと考えることもできます。

このように、風評被害の問題を解決する手段として、刑事告訴の方策をとる一方で、その場しのぎで風評被害の事態を収拾させようとする行動が見受けられますが、これは危険意識に対する認識が不足していると言わざるを得ません。
風評被害を単なる事故にすぎないものとして、その対応策を緩めれば、これまで蓄積された信用が大きく失われることになりかねません。

また、風評被害という言葉が本来の意味を離れて安易に用いられ、この問題に対する本質的な考察やその対処を回避して、ごまかすための手段に用いられるのも適切とは言えません。

このサイトでは、風評被害が気になる方々に、風評被害のそもそもの意味するところからその問われる罪や刑事告訴の手続き、その防止策について整理しましたので、ぜひ皆様のご参考にしてください。

被害者感情は報われるのか

拡散が容易なネット社会では、掲示板やブログなどの書き込みから風評被害に発展してしまうことが他人事ではなくなってきています。 仮に被害に遭ってしまった場合、どのように対処すればよいでしょうか。 また、どんな刑事告訴が考えられるのか、まとめてみました。

風評被害の法的立証は容易ではない

風評被害による損失に対する損害賠償を請求するには、どのような被害を受け損害が発生したのかを法律的な枠組みに当てはめて立証しなければなりません。 損害額も細かく明示する必要があります。 現実的には、かなりの労力と費用がかかります。 そこで、風評被害の前後でどのような防止策が考えられるかを見てみましょう。

TOPへ戻る