あなたが風評被害の「加害者」・「被害者」にならないための情報サイト

>

風評被害の法的立証は容易ではない

ネット上で起こる風評被害を防ぐための対策

風評被害対策としては、起こらないようにするための予防策と起きてしまった場合の対応策が考えられます。
それでは、インターネット上の情報に対する風評被害対策を見てみましょう。

ネット上に、自己などの否定的な情報が出回らないようにするための予防的な監視による対策があります。
話題性が高いネットサービスやSNSなどを巡回して、問題発言があった時には素早く対応が可能です。
ポイントは、否定的な書き込みの内容を早く把握して、すぐに対処すべきか、それとも放置してよいか、早く見極めることです。

仮にネットで大炎上せずに、ボヤ程度であれば、鎮静化させる余地があります。
無責任な意見などが蔓延して風評被害が発生した場合には、その発生源を早く見つけて適切な判断・対処が求められます。
専門的な知識や対処法が必要なので、自力での対応が難しい場合にはネット炎上を解消させるノウハウをもつ専門業者などに相談するとよいでしょう。

風評被害の取り締まりが今後増えていく?

これまでに多くの人は軽はずみな気持ちで、ネット上に風評被害の火種になりかねない書き込みを行っています。
ネット上の悪ふざけ程度では犯罪にならないだろうし、まさか逮捕されることはないと安易に考える人が多いのが現状といえます。

ネット上での風評被害の多くは、被害者がその気になれば、犯罪として告訴できるものです。
今後、社会的問題としてクローズアップが進むにつれて、ネット犯罪の枠組みの整備とともに、風評被害に対する取り締まりの強化が予想されます。

ネット上で誰でも手軽に情報が発信できる時代に、自分が被害者、あるいは加害者とならないように、インターネットリテラシーなどに精通することが望ましいといえます。

風評被害に陥らないために、正確な情報を発信していく必要があります。
受け手をミスリードしないことが、風評被害を防ぐことにつながるでしょう。
受け手は、風評被害を考慮したうえで、冷静かつ慎重な反応が求められます。


TOPへ戻る